-

第一に、自己破産を請求するまでは債務者本人への電話によった返済要求とその人の住所への訪問による徴集は無法というわけではないということになります。79-9-127

さらに、破産の事務手続きに進んでから申し込みまでに余計な時間が費やされてしまったケースでは債権保持者は強硬な収集を行う割合が上昇します。79-16-127

債権保有者サイドからすると未納分の返金もしないで、なおかつ破産のような法律上の対応もしないという状態であると企業内部での処理をやることができないのです。79-3-127

また、債権保持者の一部はエキスパートに連絡していないと知ったなら、相当強引な集金行為をやってくる会社もいます。79-14-127

司法書士事務所や弁護士法人に依頼したケースでは、個々の債権保有人は依頼人に関する直接回収をやることができなくなるのです。79-5-127

要請を伝えられた司法書士の方か弁護士の人は担当すると記載した文書を各債権者に送付することとなり、それぞれの債権者がその文書を受け取ったのなら依頼人は取り立て企業による過激な集金から解放されることになります。79-1-127

付け加えると、取り立て企業が親の自宅へ訪れる集金は法律のルールで認められていません。79-4-127

貸金業で登録されている企業であれば会社や親の家へ行く集金は貸金業法規制法に抵触しているのを理解しているのでその旨を伝えればそういう収金を続けることはないと考えます。79-20-127

自己破産に関しての申請後は申立人に向けての取り立てを入れて例外なく取り立ては認められなくなります。79-8-127

それゆえ債権者による集金行動がすべて消滅することになります。79-7-127

しかしながら、一部にはそういったことを知っていて連絡してくる取り立て業者もないとは思えません。

金貸しとして登録を済ませている業者ならば、自己破産に関しての申請の後の徴集行為が法のガイドルールに反するのを気づいているので、その旨を伝達してしまえば、そういう類の返済要求を維持することはないでしょう。

とはいえども、闇金と言われる取り立て屋に限ってはこの限りではなく、強行な返済要求による被害事件が増え続けているという現実があります。

裏金が取り立て屋の中にいるときは絶対に弁護士の方それか司法書士の人などの専門者に頼むようにした方がいいと思います。

Category