-

免責不許可事由という言葉は自己破産手続きを申し立てた人を対象として、以下のような条件に含まれる方は債務の免除を受理しないとなる原則を指したものです。フラワーギャラリー

極端に言ってしまうと完済が全く不可能なような状況でも、免責不許可事由に該当する人はお金の免除が認められないような可能性があるとなります。愛され葉酸 効果

つまりは破産を申し立て、借金の免除を得ようとする際の最大の難関が前述の「免責不許可事由」ということになるのです。エルセーヌ口コミは本当か?エルセーヌのお試しを本音で口コミします!

以下は骨子となる要因です。カルグルト

浪費やギャンブルなどで、はなはだしく金銭を減じたり膨大な負債を負ったとき。

破産財団となるはずの財産を隠しこんだり、破損させたり、債権を持つものに損害を与えるように処分したとき。

破産財団の金額を意図的に増大させた場合。

破産申告の責任があるのに、その債権を持つものに一定の利権を付与する目的で財産を譲り渡したり、弁済期前に借入金を返したとき。

すでに弁済不能の状況にもかかわらず現状を伏せて貸し手を安心させて上乗せして融資を求めたりカードを使用して商品を決済したとき。

虚偽による債権者名簿を法廷に提出した場合。

借金の免除の申請から過去7年のあいだに返済の免責をもらっていた場合。

破産法の定める破産申告者の義務内容に違反するとき。

これらの8項目に該当がないことが免責の要件と言えるものの、これだけを見て詳細な例を考えるのは特別な経験がないとハードルが高いのではないでしょうか。

くわえて、頭が痛いことに浪費やギャンブル「など」と記載されていることからも分かるように、ギャンブルといってもあくまでも具体的な例の一つでしかなくほかに書いていない内容が星の数ほどあるというわけです。

実例として挙げられていないことは各例を言及していくと細かくなってしまい定めきれないような場合や、過去に出されてきた判決による判断が考えられるので、個々の場合において当たるのかは一般の人には一朝一夕には見極めが難しいことがほとんどです。

でも、まさか自分がその事由になっているなどとは夢にも思わなかった時でも判断を一度宣告されてしまえば、決定が取り消されることはなく、返済の義務が残るばかりか破産者という名の立場を7年間も背負い続けることになるのです。

ということですので、悪夢のような結果を回避するために、破産の手続きを検討する際に多少でも安心できない点や分からないところがあったら、ぜひとも専門の弁護士に声をかけてみることをお勧めします。

Category

リンク